2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

その他の金融ニュース

2019年11月30日 (土)

トヨタウォレットは何を描くか

トヨタウォレットが発表になってきて、
わたしとしては、TS CUBICカードと同様、
単にそのブランドの電子マネーだな
くらいにしか感じていなかったのですが、
トヨタのこれまでをよく知っている方には、
ちょっと疑問符の残る発表だったようです。

トヨタは過去、さまざまな大胆なかじ取りで業界をリードしてきており、
だからそのブランドのカードやウォレットを持って使ってください、
とカンタンに言えてしまいますよね、ブランドなので。

でも内実が伴っていないと
セキュリティーなどさまざまな点で
後から困ることが予想されるのが
ウォレットほか電子マネーの世界です。

セブンpayも同じ感じで憂き目をみたと思うので
確かにその考え方でいくと、
トヨタウォレットでどういう未来を描いているのか、
というのは重要なところのように思えます。

これだけpay関連が乱立しているのですから、
契約して使って無駄じゃなかった、
そういう電子マネーやスマホ決済を利用していきたいと思っています。

----------------------------------

とにかく、筆者には本来主役であるはずの「トヨタ自動車の姿」が見えてこないのです。トヨタウォレットがコネクテッドカーにどう関与していくのか、それがまったく見えません。たとえば、ETCカードと組み合わせてこんなことができます、このアプリを使えば燃費が格段に向上します、といったことでもあれば、少しは関連性が感じられます。

トヨタはソフトバンクと配車サービスを行う「モネ・テクノロジー」という合弁会社を設立しています。こうした先進的な取り組みを生かしたキャッシュレス決済サービスを立ち上げることはできなかったのでしょうか。

(現代ビジネス - 2019年11月29日)
-------------------------------------------------

2019年11月17日 (日)

コンビニでのスマホ決済動向

今後、コンビニ各社が
電子マネーやスマホ決済について
どういう施策をうっていくのか、
消費者には予測もつかないところです。

セブンペイは、少し前は
なばなしく宣伝されたものの、最
初に大きく大失敗してしまいました。

信頼をそこねたため、
同じような電子決済サービスを
短期間のうちにはじめることはない気がしています。

なので、わたしとしては、
すべての決済で共通して利用しやすい、
QUICKpayを主な決済方法として利用しています。

導入している店舗が多いし、利用も簡単で、
クレジットカードで利用額を一括管理できるのも気に入っています。

さて、しかしコンビニの動向をみてみると、
ローソンでは自前のスマホ決済導入はしておらず、
ファミマは、paypayなどを導入したのち、
自社のファミマカードにひもづけて便利なファミペイが運用されています。

ファミペイは導入時はファミマでしか使えないなんて・・という気もしていましたが、
今となってはそれも珍しくないですし、
作る価値があるのかも?
とファミマを利用するごとに思うので、
もしかしたら次に導入するとしたら
ファミペイなのかもしれません。
まだわかりませんが。

----------------------------------

ローソンは3社の中で最も早く2017年に「LINEペイ」や、訪日中国人向けの「アリペイ」などを導入した。現在扱うスマホ決済は計10種類にのぼる。自前のスマホ決済はひとまず導入していない。

 「お客様にとって使い勝手のいいサービスは、それぞれ異なる。好きなものを使っていただければ」と広報担当者は話す。

 一方のファミリーマートは昨年11月から「PayPay(ペイペイ)」など他社のスマホ決済を導入したのに続き、今年7月には自社のスマホ決済サービス「ファミペイ」を始めた。ファミペイのダウンロード数は9月末には370万に達したという。

(asahi.com - 2019年11月15日)
-------------------------------------------------

2019年9月29日 (日)

外貨建て保険の解約時手数料

銀行で定期の金額を高くしようとすると、
つみたてNISAか外貨建て保険をすすめられるのだとか。

これが定番の営業方法だといいますから、
実際いけばたぶんそうなるのでしょうね。

外貨建て保険については、
昔入っていたことがありました。

しかし状況が変わって入り続けることができなかったため、
当時はばたばたと解約してしまったけれどもたぶん、
解約手数料はかかってしまっていましたね。

そこまで考えてはいませんでしたが、
もったいなかったです。

しかし、解約時にお金がかかるのは、
仕方ないという気もします。

解約を考えるからには、
長い目でみてもその金額が自分にあわないということです。

将来をかんがえるよりも、
いまなんとかしなくてはならない、
状況が人生にはあって、
それをコントロールしきれるとは限りません。

いったん契約したらもちろん、
最後まで持ち続けるのが理想的でも、
まだまだ途中で何があるかわからないというひとは、
そういった製品は選ぶべきではないのでしょう。

であれば、定期の額を増やす代わりに選ぶものとしては、
途中でやめられるつみたてNISAのほうがいい、
ということになりますね。

この先もずっと安定して仕事があって、
家庭をもち、もっと安定していくことが見込まれるなら、
最終金額が大きくなるほうを選ぶのもよいでしょうが。

------------------------------------------------

こちらは「日本円での保証ではない」ので注意が必要です。一番の魅力は金利が日本円よりも高い点です。今後、アメリカも金利を引き下げていく傾向なので、今の水準で加入するのは魅力があると思います。

デメリットは、途中で解約すると中途解約手数料が取られて、元本から減ってしまう可能性がある点です。積み立て期間中に円安が進み、表面上利益が出ていたとしても、解約手数料がかかるので、元本が割れてしまうというわけです。

投資信託と違って、価格が変動するリスクはありませんが、為替の変動リスクは伴います。長期間積み立てることで、金利が付き、積み立て金額が増えてくので、長く積み立てていけば為替変動リスクを軽減することはできます。途中で解約をしないという前提で加入することをオススメします。

(Engadget 日本版- 2019年9月13日)
-------------------------------------------------

2019年9月15日 (日)

Suica・PASMOでもポイント還元

10月1日に消費税が上がることで
消費を抑えるのが危惧されていて、
ポイント還元によってそれを緩和しようという動きがありますが、
Suica、PASMOもポイント還元があるそうです。

それらは継続して使われる電子マネーなので、
還元されるメリットは大きそうです。

あと、PASMOは、専用サイトで登録しておくと、
2万円を上限としてポイントを還元されるとのこと。

ただ使うだけではないようですね、
登録が必要とかになると、
あらかじめ準備しなくてはならないのがちょっと面倒です。

でも、ポイントバックされるのが上限の2万までだと、
普段づかいしているひとには大きなメリットになるのかも。

しかも3期にわかれており、
各機関2万までの還元ですから、
長期間放置しておいて還元されるのは忘れたころ、
みたいなことも防げるし、
PASMOを利用している人は、
確認しておいたほうがいいですね。

わたしはPASMO使っていませんが、
Suicaはたまに使います。

増税とは関係なしに、
Suicaのポイントはチェックしていて、
新幹線利用が重なった時期などには、
還元されるポイントがいくらになるかは
把握するようにしているので、
習慣づけば確認もそれほど大変ではありません。

ポイントバッグを上手に使って、
増税で損をする感じを少しでも薄くできればと思っています。

------------------------------------------------

PASMOを還元場所で手続きをすると還元することができます。還元場所は9月17日より専用ページで確認することができます。対象店舗と合わせて確認しておきたいところです。ちなみに1ポイント=1円です。

ただポイントを還元する際にいくつかの注意点があります。

1.還元場所によって対応時間が異なること。
2.1集計期間の還元上限額は2万円まで。
3.PASMOの残額と還元額の合計で2万円を超える場合は還元ができない。(還元額の分割・繰越はできない)

PASMOは最大で2万円までしかチャージすることができません。なので、仮に還元ポイントが最大の2万円である場合、PASMOの残額を0にしてから還元手続きをする必要があります。

(Engadget 日本版- 2019年9月13日)
-------------------------------------------------

2019年8月25日 (日)

ロッテ免税店でのお得な買い物

免税店には入ったことがないです。

それは、渡航者でないとダメ
というものだと思ってたからでしたが、
パスポートなどがあれば
日本人でも国内の免税店を利用できるようですね。

私自身はもうパスポート切れてしまっているので利用はできませんが、
パスポートを保っている家族などがお買い物するならよいと思います。

ロッテ免税店というのがあって、
ここはクレジットカードとの提携をしているので、
提携したカードを使えばかなり便利に利用ができるとか。

Webクーポンなどを事前にチェックしていくのがよいようです。

ロッテ免税店東京銀座店は、
東急プラザ銀座にあるそうですが、
東急カードのポイント加盟店の対象外・・
なので、東急カードではなく
提携しているポイント還元率の高いカードが使いでがいいので、
逆にいえばいつも東急にいく人ではなくても
お得に買物できる可能性が高いということになります。

Webクーポンでの割引が大きいそうなので、
そこはチェックしてから望みたいですね。

------------------------------------------------

さらに、前述の「ロッテ免税店」の提携クレジットカードで2万円以上の買い物をすると、1000円分のギフト券がもらえるので、まずは高い買い物から済ませよう。

 なお「ロッテ免税店 東京銀座店」は、東急プラザ銀座内にあるが、サービスカウンターで確認したところ、「東急カード」のポイント加盟店の対象外とのことだった。そのため「東急カード」にこだわらず、ポイント付与率の高い提携クレジットカードを利用するのがおすすめだ。

(ダイヤモンド・オンライン - 2019年8月7日)
-------------------------------------------------

2019年6月15日 (土)

クスリのアオキギフトカードはお得

ドラッグストアのカードを
わたしは持っていませんが、
持っていたとしたら結構使えるのではないでしょうか。

日用品が豊富に売っていますし、
消耗品もたくさんあります。
消耗品ですから時間が経てばなくなります。

そういうときに必ず買うのであれば、
ある程度ポイントで還元される目安もできるし、
ひとつのお店でずっと決まった電子マネーを使っていると
ポイントも還元されやすく、
貯まったポイントを有効にも使いやすいですね。

クスリのアオキのアオキギフトカードは、
1000円単位で5万円までチャージが可能だそうです。

500ポイントで500円のお買い物券がもらえ、
しかも「3枚まとめると2000円分になる」というお得さ。

これはうれしいですね。
ずっとお得意さんでいるとよいことがありそうなカードです。

------------------------------------------------

「Aoca」は1,000円単位で5万円までチャージが可能だ(1回のチャージ限度額は4万9,000 円)。「Aoca」での精算100円(税抜)ごとに1ポイントが付与され、500ポイントで500円分のお買い物割引券を進呈する。お買い物割引券は、3枚まとめると2,000円分として利用できる。

「クスリのアオキギフトカード」は、1,000円、3,000円、5,000円、1万円の4種類をクスリのアオキ店頭で販売する。

(ペイメントナビ(payment navi) - 2019年6月11日)
-------------------------------------------------

2019年6月 8日 (土)

電子決済とカードの連携

楽天ペイとSuicaが連携するということで
「赤いSuica」ができたと、話題になっています。

これは、楽天ペイとSuicaの
両方を利用している人がとても多そうなので、
利便性が上がるし、それでどちらかが欠けているひとは、
これをきっかけに欠けていたほうを使い始めるひとも多いのでは。

楽天ペイのSuicaへ
楽天カードでチャージすると
楽天のポイントがたまるというのがいちばんうれしいことですね。

かつては楽天カードでnanacoチャージをすると
ポイントがたまったこともあったのですが、
最近は、かなりそういった連携使いでのポイント付与が減ってしまい、
残念な思いをすることもありました。
今回のはかなり朗報だと思います。

それに先行しているのはメルペイで、
わたしはこれは実際使っていて、
iDは持っていなかったのですが
カードを登録したらiDとしても使えるようになって結構便利なのです。

やはり電子マネーとクレジットカードの連携は
されていたほうが絶対に便利ですね。

------------------------------------------------

コード決済と「おサイフ」のタッグ。楽天に先行しているのは、メルカリ子会社の「メルペイ」だ。三井住友カードとの事業提携により、「iD」に対応。19年2月の開始当初はiOSだけだったが、後にAndroidにも対応した。また、Androidの決済機能「Google Pay」を利用すれば、LINE Payを「QUICPay+(クイックペイプラス)」加盟店でも利用できる。コード決済ではないが、決済・送金サービスのKyash(キャッシュ)も同様だ。すでに普及している「おサイフ」の加盟店網に、そのまま乗っかれるのは強みだ。

(J-CASTニュース - 2019年5月26日)
-------------------------------------------------

2019年2月 9日 (土)

確定申告で払い過ぎを取り戻す

確定申告は、払い過ぎた税金を取り戻すもので、
個人事業主や、不動産で収益のある人が行うと得なものです。

経費として申告すると
払ったものが戻ってくる可能性が高いからです。

それで、投資についてはどうかというと、
やはり利益をあげている人ひとは、
自動的に支払っている税金や配当の払い過ぎを、
取り戻せるのですね。

普段給与収入で、
あまり所得税に対する意識のない人には、
なかなか思い及びにくい部分だと思いますが、
面倒だからやらなくていい方向に考えるよりは、
少しでも払い過ぎたものを取り戻す
という考え方のほうが、絶対いい気がします。

手間をかけるだけのメリットがある、ということですからね。

------------------------------------

株・投資信託などで配当や分配金を受け取った!

 株・投資信託の配当や分配金は、自動的に税が徴収されている。配当金の場合、給与年収1200万円以下なら、その税金の一部を取り戻せる可能性が高い。ポイントは所得税と住民税で別々の課税方式を選ぶこと。平成29年分から公認された裏ワザに挑戦してみよう。

(ダイヤモンド・オンライン----2019年2月2日)

------------------------------------------------------------

2018年11月11日 (日)

楽天ANAマイレージカードの利点

いつも人気のある楽天カードですが、
今回さらに人気の高まりそうな
「楽天ANAマイレージクラブカード」というのが出るようです。

これは、楽天ポイントを貯めるか、
ANAマイルを貯めるか、
選ぶことができるのだとか。

いつも楽天ポイントをショッピングを起点に貯めている人が、
暮らしぶりが変わってマイレージを貯めたくなったとしても、
この「楽天ANAマイレージカード」安心ですね。

楽天カードとANAカード、
どちらのカードを持つか、
迷うところの大きそうなカードなので、
両方を持たずに一枚で済ませられるのは利便性として大きいと思います。

1つのカードで二枚分の働きをしてくれる楽天ANAマイレージカード、
旅の多い方にもおすすめですよね。

------------------------------------

楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天カードとANAマイレージカードが合体したタイプのクレジットカードです。

従来の楽天カードは楽天ポイントを貯めることができるクレジットカードでしたが、その楽天カードにANAマイレージの機能が追加されたというものです。

(bitWave--2018年11月8日)
------------------------------------------------------------

2018年10月21日 (日)

物価上昇と自分の資産

物価が上がって、お金の価値が下がるのがインフレ。

大人になったら、物価が上がることで
いいことがあるのがわかるかなと思っていたのですが、
相変わらず貧乏なので、
物価があがることにいい側面があるのがピンときません。

基本的に自分が、
それに合わせて手持ちのお金も増やしていける立場にいないので、
そうなのかもしれません。

物価だけがわたしの経済状況と無関係にあがっていき、
どうしようもない、という状況を打ち壊すには、
自分が、銀行預金にお金を預けているだけではなく、
物価上昇と見合って価値の上がっていく資産があったらよいのだと思うのですが・

なかなかそういうきっかけはつかめませんでした。

積立投信といっても手数料がばかにならないし、
遊んでいる資金などないので、なかなか難しいですね。

------------------------------------

物価が2%上がるということは、今まで1万円で買えていた物が10,200円出さないと買えないことになります。銀行に1万円を預けていても1年後に受け取る利息は1円。このように、物価だけが上がり銀行預金の金利がそのままだと、お金が目減りしてしまうことになるのです。

(マイナビニュース--2018年10月21)
------------------------------------------------------------

より以前の記事一覧