2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« LINE投資のデメリットの気づき | トップページ | コンビニでのスマホ決済動向 »

2019年11月10日 (日)

分散投資では時間も分散

投資信託は分散するのが大事、
というのはわかっているし、
インデックス投資はリスクを抑えて、
長いこと積み立てするのに向いている
というのも聞いたことがあります。

しかし、時間も分散するのが大事、
とはあまり考えていませんでした。

積み立て投信は1回の積立額が小さすぎると、
まとまった資産になるまでにたいへん時間がかかるので、
ある程度の金額ずつ積み立てるのがいい気はするのですが、
まとまった額があるのであれば、
それを投入するのがいいように思っていましたが、
値段が下がっているとき、
上がっているとき、いろいろあるし、
自分の状態変化もあるので、
すべてに対応できるよう、
まとまって資金を預けるのではなく、
少しずつにわけて、
毎月投資していくほうがいい、というお話。

なるほど、積み立てであれば、
安いときならたくさん買えますしね。

考え方で払う金額も違う、すると、
結果も違ってくるのが投資信託のおもしろさかもしれません。

----------------------------------

まとまったお金が入るとやってしまいがちなのが、1回で丸ごと投資してしまうこと。例えばボーナスで50万円のお金が手元に入ったとき、「初心者にオススメのインデックス投資ができる投資信託を50万円分買おう」と思う人は少なくないはずです。

基本(1)で「分散」が大切と説明しましたが、投資には時間の分散も必要です。なぜかというと、投資信託を購入した翌日に価格が大きく下がる可能性がゼロとは言えないからです。そのため投資初心者は、半年間または一年間毎月積み立てていける額を投資するとよいでしょう。

ボーナスが12月に50万円入金されたとしたら、12月に4万円、1月にも4万円……と積み立てていくようにすれば、1年分の投資資金が確保できています。

(マイナビニュース - 2019年11月8日)
-------------------------------------------------

« LINE投資のデメリットの気づき | トップページ | コンビニでのスマホ決済動向 »

投資信託」カテゴリの記事