2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 郵便局の窓口営業について | トップページ

2019年11月30日 (土)

トヨタウォレットは何を描くか

トヨタウォレットが発表になってきて、
わたしとしては、TS CUBICカードと同様、
単にそのブランドの電子マネーだな
くらいにしか感じていなかったのですが、
トヨタのこれまでをよく知っている方には、
ちょっと疑問符の残る発表だったようです。

トヨタは過去、さまざまな大胆なかじ取りで業界をリードしてきており、
だからそのブランドのカードやウォレットを持って使ってください、
とカンタンに言えてしまいますよね、ブランドなので。

でも内実が伴っていないと
セキュリティーなどさまざまな点で
後から困ることが予想されるのが
ウォレットほか電子マネーの世界です。

セブンpayも同じ感じで憂き目をみたと思うので
確かにその考え方でいくと、
トヨタウォレットでどういう未来を描いているのか、
というのは重要なところのように思えます。

これだけpay関連が乱立しているのですから、
契約して使って無駄じゃなかった、
そういう電子マネーやスマホ決済を利用していきたいと思っています。

----------------------------------

とにかく、筆者には本来主役であるはずの「トヨタ自動車の姿」が見えてこないのです。トヨタウォレットがコネクテッドカーにどう関与していくのか、それがまったく見えません。たとえば、ETCカードと組み合わせてこんなことができます、このアプリを使えば燃費が格段に向上します、といったことでもあれば、少しは関連性が感じられます。

トヨタはソフトバンクと配車サービスを行う「モネ・テクノロジー」という合弁会社を設立しています。こうした先進的な取り組みを生かしたキャッシュレス決済サービスを立ち上げることはできなかったのでしょうか。

(現代ビジネス - 2019年11月29日)
-------------------------------------------------

« 郵便局の窓口営業について | トップページ

その他の金融ニュース」カテゴリの記事