2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月29日 (日)

外貨建て保険の解約時手数料

銀行で定期の金額を高くしようとすると、
つみたてNISAか外貨建て保険をすすめられるのだとか。

これが定番の営業方法だといいますから、
実際いけばたぶんそうなるのでしょうね。

外貨建て保険については、
昔入っていたことがありました。

しかし状況が変わって入り続けることができなかったため、
当時はばたばたと解約してしまったけれどもたぶん、
解約手数料はかかってしまっていましたね。

そこまで考えてはいませんでしたが、
もったいなかったです。

しかし、解約時にお金がかかるのは、
仕方ないという気もします。

解約を考えるからには、
長い目でみてもその金額が自分にあわないということです。

将来をかんがえるよりも、
いまなんとかしなくてはならない、
状況が人生にはあって、
それをコントロールしきれるとは限りません。

いったん契約したらもちろん、
最後まで持ち続けるのが理想的でも、
まだまだ途中で何があるかわからないというひとは、
そういった製品は選ぶべきではないのでしょう。

であれば、定期の額を増やす代わりに選ぶものとしては、
途中でやめられるつみたてNISAのほうがいい、
ということになりますね。

この先もずっと安定して仕事があって、
家庭をもち、もっと安定していくことが見込まれるなら、
最終金額が大きくなるほうを選ぶのもよいでしょうが。

------------------------------------------------

こちらは「日本円での保証ではない」ので注意が必要です。一番の魅力は金利が日本円よりも高い点です。今後、アメリカも金利を引き下げていく傾向なので、今の水準で加入するのは魅力があると思います。

デメリットは、途中で解約すると中途解約手数料が取られて、元本から減ってしまう可能性がある点です。積み立て期間中に円安が進み、表面上利益が出ていたとしても、解約手数料がかかるので、元本が割れてしまうというわけです。

投資信託と違って、価格が変動するリスクはありませんが、為替の変動リスクは伴います。長期間積み立てることで、金利が付き、積み立て金額が増えてくので、長く積み立てていけば為替変動リスクを軽減することはできます。途中で解約をしないという前提で加入することをオススメします。

(Engadget 日本版- 2019年9月13日)
-------------------------------------------------

2019年9月15日 (日)

Suica・PASMOでもポイント還元

10月1日に消費税が上がることで
消費を抑えるのが危惧されていて、
ポイント還元によってそれを緩和しようという動きがありますが、
Suica、PASMOもポイント還元があるそうです。

それらは継続して使われる電子マネーなので、
還元されるメリットは大きそうです。

あと、PASMOは、専用サイトで登録しておくと、
2万円を上限としてポイントを還元されるとのこと。

ただ使うだけではないようですね、
登録が必要とかになると、
あらかじめ準備しなくてはならないのがちょっと面倒です。

でも、ポイントバックされるのが上限の2万までだと、
普段づかいしているひとには大きなメリットになるのかも。

しかも3期にわかれており、
各機関2万までの還元ですから、
長期間放置しておいて還元されるのは忘れたころ、
みたいなことも防げるし、
PASMOを利用している人は、
確認しておいたほうがいいですね。

わたしはPASMO使っていませんが、
Suicaはたまに使います。

増税とは関係なしに、
Suicaのポイントはチェックしていて、
新幹線利用が重なった時期などには、
還元されるポイントがいくらになるかは
把握するようにしているので、
習慣づけば確認もそれほど大変ではありません。

ポイントバッグを上手に使って、
増税で損をする感じを少しでも薄くできればと思っています。

------------------------------------------------

PASMOを還元場所で手続きをすると還元することができます。還元場所は9月17日より専用ページで確認することができます。対象店舗と合わせて確認しておきたいところです。ちなみに1ポイント=1円です。

ただポイントを還元する際にいくつかの注意点があります。

1.還元場所によって対応時間が異なること。
2.1集計期間の還元上限額は2万円まで。
3.PASMOの残額と還元額の合計で2万円を超える場合は還元ができない。(還元額の分割・繰越はできない)

PASMOは最大で2万円までしかチャージすることができません。なので、仮に還元ポイントが最大の2万円である場合、PASMOの残額を0にしてから還元手続きをする必要があります。

(Engadget 日本版- 2019年9月13日)
-------------------------------------------------

2019年9月 8日 (日)

楽天スーパーポイントで株式投資が可能に

楽天スーパーポイントで、
投資信託を行えるサービスがだいぶ前からなされていますね。

興味はあるのですが、
いつもポイントがあるわけでもないので、
今の所利用したことはありません。

それが今度、国内株式の購入代金や手数料に
楽天スーパーポイントが使えるポイント投資をはじめるとか。

10月28日からだそうです。

ボーナスシーズンでもなんでもないですが、
なぜこの日なのでしょう。

今回のも、楽天スーパーポイントを
1ポイント1円として、
充当することが出来るもの。

株式というとかなり資金がなければ買えないというイメージがありますが、
そうでもないのでしょうか。

購入する単価や単位はどうなっているのか、
ポイントで利用できるくらいポイントを集めているひとが
どのくらいいるのか、ちょっと興味があります。

------------------------------------------------

楽天証券は、「楽天スーパーポイント」を国内株式の購入代金・取引手数料に利用できる「ポイント投資」サービスを10月28日にスタートする。
 今回、楽天証券は国内株式(現物)において、「楽天スーパーポイント」を1ポイント=1円として、購入代金・取引手数料の全額または一部に利用できる「ポイント投資」サービスを開始する。開始時期は10月28日から。ただし、新規公開株式(IPO)・公募増資・売出(PO)、新株予約権無償割当(ライツ・オファリング<払い込みによるもの>)は対象外。

(MONEYzine - 2019年9月3日)
-------------------------------------------------

2019年9月 1日 (日)

円高のときに積立投資はどうなる

ドル建ての投資信託もそうですし、
ドル建ての積立付き保険とかもそうだと思うのですが、
円高になって資産が減っている感じがして慌てるのはわかります。

資産総額が円で減った!と思うと、
そこで慌てて解約してしまうのは
心理的に仕方ないことかも・・

でも、積立投資なら、
毎回同じ金額で買い付けているので、
円安のときは少なめに、
円高のときはたくさん、
買えるってことですよね。

なので、円高になればたくさん買ったときと思って、
それがまた局面が変われば円が増える、
ずっとずっと円高が続かないと仮定するというか、
そういうことにはなりますが、
積立投資をするなら
そういう気持ちでずっと持っているのがやはり吉だと思います。

わたしは最近LINEの積立投資をはじめてみました。

かつて、そういう考え方が難しかったのと、
現実に現金が必要で損するタイミングで解約してしまったので、
今度は少しずつ続けたいと思っています。

------------------------------------------------

ドル建ての投資信託を長期積立投資していて、順調にその数が積み上がっていっていても、円高が進むと資産は目減りしてしまうのだ。しかし、ここで狼狽して積立をやめてしまうのは悪手である。

下落局面で「たくさん拾う」のが長期積立投資
長期の積立投資において、価格の下落局面では「安く(多く)」買うことができる。毎月3万円ずつ積立投資するならば、その対象が一口1万円ならば3口買えるが、5千円に下落している月には6口購入できることになる。

(幻冬舎ゴールドオンライン - 2019年8月25日)
-------------------------------------------------

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »