2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月17日 (金)

ときどき分配が高齢者に向く

毎月分配型の投信は、
結局、切り崩して分配されることが多いからあまりよくない、
と言われている部分もありますが、
「ときどき分配」するタイプもあるようです。

毎月分配ではなく
年に2回、4回、6回、という感じの分配だそうで、
普段はそれがなくてもあんまり困っていないけど、
たまにあるボーナスのような感じで分配される間隔でしょうか。

また、毎月よりは間隔期間が長いので、
運用も少しは効率よくされるのかも?

だと、受け取る方にとってはちょっとうれしい結果になることが多いかもですね。

高齢者のニーズをとらえている、
とはそういったことなのかもしれません。

なので、高齢者というか年金受給世代の方は、
分配型投信も使い方によって悪くないのではないでしょうか。

ただ、若い世代の方は、
資産形成していくので分配型である必要はありません。

そういう、誰にどういう投信が向いている、
ということをちゃんと伝える必要はあると思います。

------------------------------------------------

2カ月や半年に1度の頻度で分配金を払い出す「ときどき分配」型の投資信託の人気が高まっている。分配金を出す頻度が年2回、4回、6回の投信の2018年度末の合計残高は約20兆円となり、過去最高を更新した。高齢者層を中心とした定期的な現金収入のニーズを捉えている。長期の運用に不向きと問題視された毎月分配型から乗り換える動きもある。

(日本経済新聞 - 2019年5月15日)
-------------------------------------------------

2019年5月12日 (日)

投資信託で出た利益の税金

投資信託で出た利益はどうしたらいいのか、
得るのはいいけれど、所得税はどうなるのか。

過去に投資信託をもっていたときはまだNISAがなくて、
でもそれほどの利益が出ていなかったので、
たいして気にしたことありませんでした。

でも今なら、NISA口座を開いていてその中でやるなら、
利益に所得税がかからないのですよね。

だからそうしておけば、
利益に対しての税金は心配なくていいんだと思います。

投資信託でしたら、
今はNISAでも、つみたてNISAがありますから
こちらのNISA口座を使うといいですよね。

それと、自分年金のために積立投信をするのでしたら
イデコを考えてもいいですよね。

------------------------------------------------

この普通分配金のように、持っている間に入ってくる利益をインカムゲインと呼ぶこともあります。

投資信託の普通分配金は利益なので税金が20.315%かかる。

投資信託から出るお金であっても税金がかからない特別分配金(元本払戻金)とは?ちなみに、投資信託の分配金には特別分配金(元本払戻金)というのもありますが、こちらには税金がかかりません。

(エキサイトニュース- 2019年5月6日)
-------------------------------------------------

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »