2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 投資初心者が注意すべきコスト | トップページ | 特に少額投資に向いているマネックス証券 »

2015年2月20日 (金)

証券会社が大学生向け投資教育

証券会社が、自分らの商品購入層のすそ野拡大を目指してか、
大学生向けの投信セミナーや講義に熱心なのだそうです。

でもこれ、わたしは個人的によいことなのではと思いますね。

若いうちにそれが自分には縁遠いことだと思ってしまうと、
お金の話はあとからは身に付きません。

お金について、若いうちから考えて、
それを自分がどう扱うのが自分にあっているか、
冷静に判断できる社会人になるのがいちばんいいのではと思います。

経済学部の学生ならそういうことに詳しいかというと、
実際はそうでもなかったりしますから、
やっぱり、実際にお金を動かしているひとたちが、

生の、社会でのお金の流れを教えてくれるのが頼りになりそうです。

私自身、もっと若い頃からお金についてもっと知識を持っていればよかったと思っていますから。

---------------------------------------

証券会社が大学生向けの投資教育に力を入れている。金融の仕組みを理解してもらい、将来の投資家の裾野を広げる狙いで、職場見学や投資に関する講義を相次いで開催、インターネットの専用サイトも登場した。株式や投資信託への投資で得た利益が非課税になる少額投資非課税制度(NISA)導入から2年目を迎えるが、投資家は中高年に偏っており、若者の興味を引き寄せて年齢層を広げたい考えだ。

(毎日新聞-2015年2月14日)
------------------------------------------

« 投資初心者が注意すべきコスト | トップページ | 特に少額投資に向いているマネックス証券 »

日記」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 証券会社が大学生向け投資教育:

« 投資初心者が注意すべきコスト | トップページ | 特に少額投資に向いているマネックス証券 »