2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 円安で金投資への注目高まる | トップページ | 変額保険と生保会社 »

2013年3月 3日 (日)

宗教法人の投資利益

宗教法人は投資益についても課税されないそうです。

それに、寄付金には所得税がかからないという点を利用して、節税がされ、悪いときには「脱税」まがいとみなされるようなケースもあるようです。

それはともかく入ってきたたくさんの寄付金を、そのままではなく何故、運用して利益を出そうとするのか・・

宗教法人、そんなに困っているふうにもみえないですけどね。
お金をもっと増やすためというよりは、ギャンブル的な魅力にあらがえず、という雰囲気もある気がしますがどうなのでしょう。

---------------------------------------------------------

解任・解散合戦

高野山は高野山真言宗の総本山。信徒数は約549万人とされ、日本の仏教では最大規模の宗教法人。その高野山でお金をめぐるお家騒動が発生した。

26日に開かれた議会にあたる宗会で、6億8000万円以上の運用損が報告されると、宗会はトップの庄野光昭宗務総長を解任。これに対して庄野総長も27日、宗会の解散で応じた。

宗会側は資産運用監査に際し、庄野総長ら執行部が粉飾した虚偽の資料を提出した、と主張。全宗会議員35人のうち、18人が総長解任に賛成した。庄野宗務総長は「粉飾は事実無根」と反論している。

宗会の解散は極めて異例で、高野山が宗教法人登録された1952年以来初めてとなる。

ハイリスク投資の謎

運用について森寛勝財務部長は、02年頃から資金運用を行ってきた、と説明。運用資金は約30億円。当初はローリスクの長期運用型投資信託を主な投資先としてきたが、その後リスクの大きな短期商品に手を出すようになったため、02年からの12年間で、約6億8000万円の損失が出たという。

(税金と保険の情報サイト- 2013年3月1日)
-----------------------------------------------------

« 円安で金投資への注目高まる | トップページ | 変額保険と生保会社 »

日記」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宗教法人の投資利益:

» 10年間勝ち続けている投資 [パーフェクト・ストラテジー]
東大出身の現役プロトレーダーが教える! パーフェクト・ストラテジー。取引は月1回のみ。一度エントリーしたらあとはほったらかしでOKです。 [続きを読む]

« 円安で金投資への注目高まる | トップページ | 変額保険と生保会社 »