2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 投資信託のイメージ | トップページ | カブドットコム証券FX手数料無料 »

2010年2月 7日 (日)

トヨタ株下落

トヨタの株は、プリウスのブレーキ問題に関する報道で下落は必至と思うのですが、アメリカでの大規模リコールでやはり業績悪化を受け止められ、その下落幅は大きいようです。
さらに、日本国内でもリコールが決まったということで・・
最近、日本の経済基盤を支えてきたというか、ここは安全というような骨格が、どうもあやしい感じになってきましたね。
グループ会社、関連会社なども多いですし、部品など、トヨタでしか食べてない企業も多いことでしょう、なんとか、しのいでほしいものです。

-----------------------------------------------

4日の東京株式市場でトヨタ自動車株が大幅に下落した。米国での大規模リコール(回収・無償修理)も重なって業績悪化が避けられないとの見方から売られた。生産への影響も懸念され、グループの部品メーカーにも株安が連鎖した。

 トヨタ株はこの日一時、前日比205円(6・0%)安の3195円まで下げ、約10か月ぶりの安値をつけた。終値は同120円(3・5%)安の3280円。米国でのリコール発表後、1月22日からの10営業日で下落幅は2割を超えた。

 一方、3日に10年3月期の業績予想を上方修正したホンダの株価は一時、同180円高の3320円まで上昇し、トヨタ株を上回った。日興コーディアル証券によると、終値では1980年以降、ホンダ株がトヨタ株を上回ったことはないという。

 トヨタ株の下落はグループ各社にも波及し、内装製品のトヨタ紡織が同167円(9・0%)安の1673円となったほか、変速機などのアイシン精機、空調など電装用品のデンソーなど軒並み大幅下落した。

 

(読売新聞   - ‎2010年2月4日‎)
-------------------------------------------

« 投資信託のイメージ | トップページ | カブドットコム証券FX手数料無料 »

日記」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ株下落:

« 投資信託のイメージ | トップページ | カブドットコム証券FX手数料無料 »