2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

2019年11月30日 (土)

トヨタウォレットは何を描くか

トヨタウォレットが発表になってきて、
わたしとしては、TS CUBICカードと同様、
単にそのブランドの電子マネーだな
くらいにしか感じていなかったのですが、
トヨタのこれまでをよく知っている方には、
ちょっと疑問符の残る発表だったようです。

トヨタは過去、さまざまな大胆なかじ取りで業界をリードしてきており、
だからそのブランドのカードやウォレットを持って使ってください、
とカンタンに言えてしまいますよね、ブランドなので。

でも内実が伴っていないと
セキュリティーなどさまざまな点で
後から困ることが予想されるのが
ウォレットほか電子マネーの世界です。

セブンpayも同じ感じで憂き目をみたと思うので
確かにその考え方でいくと、
トヨタウォレットでどういう未来を描いているのか、
というのは重要なところのように思えます。

これだけpay関連が乱立しているのですから、
契約して使って無駄じゃなかった、
そういう電子マネーやスマホ決済を利用していきたいと思っています。

----------------------------------

とにかく、筆者には本来主役であるはずの「トヨタ自動車の姿」が見えてこないのです。トヨタウォレットがコネクテッドカーにどう関与していくのか、それがまったく見えません。たとえば、ETCカードと組み合わせてこんなことができます、このアプリを使えば燃費が格段に向上します、といったことでもあれば、少しは関連性が感じられます。

トヨタはソフトバンクと配車サービスを行う「モネ・テクノロジー」という合弁会社を設立しています。こうした先進的な取り組みを生かしたキャッシュレス決済サービスを立ち上げることはできなかったのでしょうか。

(現代ビジネス - 2019年11月29日)
-------------------------------------------------

2019年11月24日 (日)

郵便局の窓口営業について

郵便局の窓口の貯金業務は、
ずっとお休みしていたのですね。

かんぽ生命の不適切販売はニュースでやっていましたね。

高齢者などにきちんと説明をしないまま、
投資信託を販売してしまっていたと。

日本郵便は、口座開設や年金の受け取りなどをする際、
高齢者からは絶大な支持を受けていたと思います。

保険料の二重徴収までしていたとすれば
醜聞というよりもはや本当に詐欺ですよね。

全商品の積極的営業をなくすということは、
郵便局の基本というか、根本的な魅力である信頼、安心とかと対極にあって、
今後どういったところを本文として営業を続けていくのかよくわかりません。

むかしからあるものだから信頼できる、
とは限らない実態がみえたという点では、
消費者にとって悪いことだけではなさそうですが。

----------------------------------

日本郵便は20日、かんぽ生命保険の不適切販売を受けて8月から自粛している郵便局での貯金営業を25日に再開すると発表した。郵便局の窓口で、ゆうちょ銀行の口座開設やゆうちょ口座での年金の受け取りなどを勧める。高齢者向けの販売で不適切契約が見つかったゆうちょの投資信託は引き続き販売を自粛する。

郵便局で扱ったかんぽの保険商品で保険料の二重徴収などの不適切販売が相次いだ。郵便局員も苦情対応や説明にあたるため、8月初めからゆうちょの全商品の積極営業を自粛した。今後は、定額貯金の満期を迎えた顧客に再び定額貯金の案内などをするという。

(日本経済新聞 - 2019年11月20日)
-------------------------------------------------

2019年11月17日 (日)

コンビニでのスマホ決済動向

今後、コンビニ各社が
電子マネーやスマホ決済について
どういう施策をうっていくのか、
消費者には予測もつかないところです。

セブンペイは、少し前は
なばなしく宣伝されたものの、最
初に大きく大失敗してしまいました。

信頼をそこねたため、
同じような電子決済サービスを
短期間のうちにはじめることはない気がしています。

なので、わたしとしては、
すべての決済で共通して利用しやすい、
QUICKpayを主な決済方法として利用しています。

導入している店舗が多いし、利用も簡単で、
クレジットカードで利用額を一括管理できるのも気に入っています。

さて、しかしコンビニの動向をみてみると、
ローソンでは自前のスマホ決済導入はしておらず、
ファミマは、paypayなどを導入したのち、
自社のファミマカードにひもづけて便利なファミペイが運用されています。

ファミペイは導入時はファミマでしか使えないなんて・・という気もしていましたが、
今となってはそれも珍しくないですし、
作る価値があるのかも?
とファミマを利用するごとに思うので、
もしかしたら次に導入するとしたら
ファミペイなのかもしれません。
まだわかりませんが。

----------------------------------

ローソンは3社の中で最も早く2017年に「LINEペイ」や、訪日中国人向けの「アリペイ」などを導入した。現在扱うスマホ決済は計10種類にのぼる。自前のスマホ決済はひとまず導入していない。

 「お客様にとって使い勝手のいいサービスは、それぞれ異なる。好きなものを使っていただければ」と広報担当者は話す。

 一方のファミリーマートは昨年11月から「PayPay(ペイペイ)」など他社のスマホ決済を導入したのに続き、今年7月には自社のスマホ決済サービス「ファミペイ」を始めた。ファミペイのダウンロード数は9月末には370万に達したという。

(asahi.com - 2019年11月15日)
-------------------------------------------------

2019年11月10日 (日)

分散投資では時間も分散

投資信託は分散するのが大事、
というのはわかっているし、
インデックス投資はリスクを抑えて、
長いこと積み立てするのに向いている
というのも聞いたことがあります。

しかし、時間も分散するのが大事、
とはあまり考えていませんでした。

積み立て投信は1回の積立額が小さすぎると、
まとまった資産になるまでにたいへん時間がかかるので、
ある程度の金額ずつ積み立てるのがいい気はするのですが、
まとまった額があるのであれば、
それを投入するのがいいように思っていましたが、
値段が下がっているとき、
上がっているとき、いろいろあるし、
自分の状態変化もあるので、
すべてに対応できるよう、
まとまって資金を預けるのではなく、
少しずつにわけて、
毎月投資していくほうがいい、というお話。

なるほど、積み立てであれば、
安いときならたくさん買えますしね。

考え方で払う金額も違う、すると、
結果も違ってくるのが投資信託のおもしろさかもしれません。

----------------------------------

まとまったお金が入るとやってしまいがちなのが、1回で丸ごと投資してしまうこと。例えばボーナスで50万円のお金が手元に入ったとき、「初心者にオススメのインデックス投資ができる投資信託を50万円分買おう」と思う人は少なくないはずです。

基本(1)で「分散」が大切と説明しましたが、投資には時間の分散も必要です。なぜかというと、投資信託を購入した翌日に価格が大きく下がる可能性がゼロとは言えないからです。そのため投資初心者は、半年間または一年間毎月積み立てていける額を投資するとよいでしょう。

ボーナスが12月に50万円入金されたとしたら、12月に4万円、1月にも4万円……と積み立てていくようにすれば、1年分の投資資金が確保できています。

(マイナビニュース - 2019年11月8日)
-------------------------------------------------

2019年11月 3日 (日)

LINE投資のデメリットの気づき

LINE投資は、2ヶ月前くらいにはじめてみていました。

手数料が無料と書いていたのを見たのですが、
それは期間限定だったんですね。

最終投資額の毎週500円を積み立てると、
月の預かり額と考えてあわせて運用手数料は100円未満、
そうすると、手数料の割合としては、
ちょっと高くなってしまいます。

割合として手数料を1%以内におさめるには、
月額1万円の預かり資金が必要になるとのこと。

月額1万円は積み立てないと、
手数料で損をしてしまうのですね。

あと、再投資がされないことは気づいていませんでしたし、
売買するときに、為替の影響を受けて損をする可能性がある
ことも意識していませんでした。

手軽にやりとりができるのはよいですが、
金融商品としては「手軽」以上の意味が持ちにくい商品なのかも・・

でも、もう少し使ってみようと思います。
こういったことも、実際にやってみてはじめて気がついたことですから。

場合によっては、いつも宣伝されるFolioのETFもいいかなと思っています。

----------------------------------

例えば、最小投資額となる毎週500円を積立額とした場合、月の預かり資産額は2,000円~2,500円になります。しかしこの場合、月額の運用手数料は100円未満となるため、手数料として月額100円が発生することになり、初月の手数料割合は4~5%になります。つまり、運用手数料を規定の1%以内に抑えるためには、最低でも月額1万円の預かり資産が必要になります。

2020年4月30日までは手数料が無料となりますので、2019年12月~2020年1月までに開始すれば手数料が有料となる前に1万円を積み立てることができますので、手数料が気になる方は早めに開始をされておくと良いでしょう。

少額投資においては、運用額が少ないと運用手数料が割高になることもあるため、その点も考慮して積立額を検討すると良いでしょう。

(金融・投資情報メディア HEDGE GUIDE - 2019年11月1日)
-------------------------------------------------

2019年10月24日 (木)

投資信託と株式の違い

株式と投資信託の違いというと、
思いつくのは、リアルタイム性、
という気がします。

株式はテレビやラジオ、
新聞などで速報的に情報が出るように、
その日その日にあった出来事に即時に影響されて、
金額が変わっていく感じがあります。

投資信託はそれとは違い、
長いスパンで少しずつ
(ケタにはひとによって違いがあるでしょうが)
元本を大きくしていき、
資産を確実に増やしていくという考え方ですよね。

ある記事によると、投
資信託はそもそも、
長期投資・分散投資を行うために商品が設計されているとのこと。

なんとなく保っているイメージのとおりですね。

リスクもリターンも分散されて
長期間キープしてはじめて利益が出てくる、
つまり短期間で利益を獲得するのは難しい。

それが特徴であり、
よいほうに生かすように資金を投入していければ生きてくる、
ということになりますね。

だから理想としては
短期間に利益をあげるための資金と、
長期間保有して将来役立てるのと、
両方確保しておければベストです。

わたしはそんな潤沢な資金はないですが、
可能であれば、一度は株式を持って
短期間の利益というのを目指してみたいと思います。

----------------------------------

株の場合は、数分~1日のデイトレード、数日~数週間のスイングトレード、中長期投資など自分のライフスタイルに併せ様々な投資期間で投資を行います。

一方投資信託の場合は、基本的に中長期投資で取引することが一般的です。

なぜならば投資信託は、長期投資を行うことを前提に設計されている商品であるからです。

投資信託の特徴として、分散投資ができることを前述させて頂きましたが、リスクだけでなくリターンも分散されます。

値動きも株式に比べ小さくなるため、短期で利益を獲得することは難しいと言えます。

(ZUU online - 2019年10月22日)
-------------------------------------------------

2019年10月20日 (日)

株式購入とTポイント

株式に少額から投資できるサービスは、
このところ、積立で行えるネットのサービスが出てきたと思っています。

以前からあったのでしょうか。

以前は株式というと、
1株買うのにも何十万以上という感じで、
投資の初心者が参加を考えるようなものではなかった気がします。

ですが、SBIネオモバイル証券は違うみたいですね。

普通100株単位で購入とかが当たり前の株式が、
1株から購入できるということで、
それであれば、豊富な資金がないために株式参入できないとはなく、
もちろんその分、収益を期待するのも難しいとはいえますが、
株式を持てるというのは、嬉しいですよね。

長いこと持ち続けることで、
少しずつ増やして資産形成をするという夢も持てます。

しかもここは、Tポイントでの投資ができるのが、大きな特徴ですね。

Tポイントは、Yahoo!が
PayPayをメインの電子マネーとして
利用推進していたりとちょっと不利になっている感じはしますが、
まだまだ利用できたり、貯められたりするお店は多いですよね。

縁のなかった株式をやってみるよい機会かもしれません。

----------------------------------

500円以下で有名企業の株主になれるSBIネオモバイル証券は単元未満株の取引なので、1株単位で株を買えます。500円で以下のような有名企業の株主になれるのです。

みずほフィナンシャルグループ
野村ホールディングス
三菱自動車
実質20円(消費税分)で株の取引ができるSBIネオモバイル証券では株の取引手数料は無料ですが、約定代金に応じてサービス利用料がかかります。

投資に関する実践的な知識が得られる通常の株式は100株単位なので「株を買ってみたい」と考えても、実際に始めるのはまとまったお金が必要でした。しかし、SBIネオモバイル証券は、T-POINTを使って1株単位で取引できます。

(エキサイトニュース - 2019年10月19日)
-------------------------------------------------

2019年10月10日 (木)

急ぎで作れる「即日発行クレジットカード」の紹介サイト

GWもうすぐですね。

 

海外旅行や国内旅行の予約も好調のようですので、
旅行へお出かけ予定の方もGWが待ち遠しいのではないでしょうか。

 

海外旅行と言えば買い物の時に必須なのがクレジツトカードですが、
新社会人の方や学生の方で、
このGWにはじめて海外旅行へ行くという方で、
まだクレジットカードを作っていないという方もいると思います。

 

現金やトラベラーズチェックで十分だと考える方もいますが、
アメリカやヨーロッパはかなりクレジットカード社会になっていますので
やはりクレジットカードがあれば何かと便利です。

 

それと、クレジットカードは、
現地のATMで現地の通貨でキャッシングできるのも便利さの一つですよね。

 

それなら、クレジットカードを作らないとと思われたなら、
GWまで短いですので、
発行までの時間が早いクレジットカードで作るといいです。

 

それで、今回ご紹介するサイトがそういうニーズに合致する
「即日発行できるクレジットカード(最短3営業日発行まで併せて紹介)」です。

 

申し込んだ当日中にカードを受け取ることができる「即日発行クレジットカード」だと
「マルイ・エポスカード」や「セゾンカード・インターナショナル」があるみたいです。

2019年10月 6日 (日)

株式の気軽な購入と配当

投資信託はこのごろ買いやすくなってきました。

積立投信は、特に、購入の敷居を下げて、
アプリでもカンタンに購入できるようになり、
若者やそれほど資金のない主婦層なども
資金をためるという意識で
行うことができるようになったと思います。

株式へ投資する投資家がテレビで、
1株ずつでも買える株があるとか、
低額でも購入可能と時々解説するのを聞いて、
わたしとしては一度は株を買ってみたいと思っています。

そしたら、株式も今は、
積立・一定額でそのとき買えるぶんだけ株を買う、
という仕組みもできているそうですね。

株を購入するとその人は株主。

その会社を購入した株のぶん、
応援していることになるので、
投資でお金をためるというよりは、
社会に還元しているところも少しあって、
投資しているという実感も持てたり、
いろいろいいことがありそうに思います。

株主総会、というものも知ってみたいし、
配当がなんらかのかたちであるのがどういう形で得られるのかも、知りたいです。

-----------------------------------

お客様に説明する場合には、株式の仕組みから説明を始めるとよいでしょう。株式とは、一般企業が投資家から資金を調達するために発行するものです。株式は証券取引所に上場しているものとそうでないものがあります。一般的に、投資家による上場株式の売買は、証券会社などを通じて行われます。

株式を購入した人は株主となり、株主総会に参加する権利や配当金を受け取る権利、株主優待を受ける権利などを得ることができます。配当金とは、企業が利益の一部を株主に還元するために支払われるお金のことで、企業によって年1~2回支払われます。

(ZUU online-- 2019年10月3日)

2019年9月29日 (日)

外貨建て保険の解約時手数料

銀行で定期の金額を高くしようとすると、
つみたてNISAか外貨建て保険をすすめられるのだとか。

これが定番の営業方法だといいますから、
実際いけばたぶんそうなるのでしょうね。

外貨建て保険については、
昔入っていたことがありました。

しかし状況が変わって入り続けることができなかったため、
当時はばたばたと解約してしまったけれどもたぶん、
解約手数料はかかってしまっていましたね。

そこまで考えてはいませんでしたが、
もったいなかったです。

しかし、解約時にお金がかかるのは、
仕方ないという気もします。

解約を考えるからには、
長い目でみてもその金額が自分にあわないということです。

将来をかんがえるよりも、
いまなんとかしなくてはならない、
状況が人生にはあって、
それをコントロールしきれるとは限りません。

いったん契約したらもちろん、
最後まで持ち続けるのが理想的でも、
まだまだ途中で何があるかわからないというひとは、
そういった製品は選ぶべきではないのでしょう。

であれば、定期の額を増やす代わりに選ぶものとしては、
途中でやめられるつみたてNISAのほうがいい、
ということになりますね。

この先もずっと安定して仕事があって、
家庭をもち、もっと安定していくことが見込まれるなら、
最終金額が大きくなるほうを選ぶのもよいでしょうが。

------------------------------------------------

こちらは「日本円での保証ではない」ので注意が必要です。一番の魅力は金利が日本円よりも高い点です。今後、アメリカも金利を引き下げていく傾向なので、今の水準で加入するのは魅力があると思います。

デメリットは、途中で解約すると中途解約手数料が取られて、元本から減ってしまう可能性がある点です。積み立て期間中に円安が進み、表面上利益が出ていたとしても、解約手数料がかかるので、元本が割れてしまうというわけです。

投資信託と違って、価格が変動するリスクはありませんが、為替の変動リスクは伴います。長期間積み立てることで、金利が付き、積み立て金額が増えてくので、長く積み立てていけば為替変動リスクを軽減することはできます。途中で解約をしないという前提で加入することをオススメします。

(Engadget 日本版- 2019年9月13日)
-------------------------------------------------

2019年9月15日 (日)

Suica・PASMOでもポイント還元

10月1日に消費税が上がることで
消費を抑えるのが危惧されていて、
ポイント還元によってそれを緩和しようという動きがありますが、
Suica、PASMOもポイント還元があるそうです。

それらは継続して使われる電子マネーなので、
還元されるメリットは大きそうです。

あと、PASMOは、専用サイトで登録しておくと、
2万円を上限としてポイントを還元されるとのこと。

ただ使うだけではないようですね、
登録が必要とかになると、
あらかじめ準備しなくてはならないのがちょっと面倒です。

でも、ポイントバックされるのが上限の2万までだと、
普段づかいしているひとには大きなメリットになるのかも。

しかも3期にわかれており、
各機関2万までの還元ですから、
長期間放置しておいて還元されるのは忘れたころ、
みたいなことも防げるし、
PASMOを利用している人は、
確認しておいたほうがいいですね。

わたしはPASMO使っていませんが、
Suicaはたまに使います。

増税とは関係なしに、
Suicaのポイントはチェックしていて、
新幹線利用が重なった時期などには、
還元されるポイントがいくらになるかは
把握するようにしているので、
習慣づけば確認もそれほど大変ではありません。

ポイントバッグを上手に使って、
増税で損をする感じを少しでも薄くできればと思っています。

------------------------------------------------

PASMOを還元場所で手続きをすると還元することができます。還元場所は9月17日より専用ページで確認することができます。対象店舗と合わせて確認しておきたいところです。ちなみに1ポイント=1円です。

ただポイントを還元する際にいくつかの注意点があります。

1.還元場所によって対応時間が異なること。
2.1集計期間の還元上限額は2万円まで。
3.PASMOの残額と還元額の合計で2万円を超える場合は還元ができない。(還元額の分割・繰越はできない)

PASMOは最大で2万円までしかチャージすることができません。なので、仮に還元ポイントが最大の2万円である場合、PASMOの残額を0にしてから還元手続きをする必要があります。

(Engadget 日本版- 2019年9月13日)
-------------------------------------------------

2019年9月 8日 (日)

楽天スーパーポイントで株式投資が可能に

楽天スーパーポイントで、
投資信託を行えるサービスがだいぶ前からなされていますね。

興味はあるのですが、
いつもポイントがあるわけでもないので、
今の所利用したことはありません。

それが今度、国内株式の購入代金や手数料に
楽天スーパーポイントが使えるポイント投資をはじめるとか。

10月28日からだそうです。

ボーナスシーズンでもなんでもないですが、
なぜこの日なのでしょう。

今回のも、楽天スーパーポイントを
1ポイント1円として、
充当することが出来るもの。

株式というとかなり資金がなければ買えないというイメージがありますが、
そうでもないのでしょうか。

購入する単価や単位はどうなっているのか、
ポイントで利用できるくらいポイントを集めているひとが
どのくらいいるのか、ちょっと興味があります。

------------------------------------------------

楽天証券は、「楽天スーパーポイント」を国内株式の購入代金・取引手数料に利用できる「ポイント投資」サービスを10月28日にスタートする。
 今回、楽天証券は国内株式(現物)において、「楽天スーパーポイント」を1ポイント=1円として、購入代金・取引手数料の全額または一部に利用できる「ポイント投資」サービスを開始する。開始時期は10月28日から。ただし、新規公開株式(IPO)・公募増資・売出(PO)、新株予約権無償割当(ライツ・オファリング<払い込みによるもの>)は対象外。

(MONEYzine - 2019年9月3日)
-------------------------------------------------

2019年9月 1日 (日)

円高のときに積立投資はどうなる

ドル建ての投資信託もそうですし、
ドル建ての積立付き保険とかもそうだと思うのですが、
円高になって資産が減っている感じがして慌てるのはわかります。

資産総額が円で減った!と思うと、
そこで慌てて解約してしまうのは
心理的に仕方ないことかも・・

でも、積立投資なら、
毎回同じ金額で買い付けているので、
円安のときは少なめに、
円高のときはたくさん、
買えるってことですよね。

なので、円高になればたくさん買ったときと思って、
それがまた局面が変われば円が増える、
ずっとずっと円高が続かないと仮定するというか、
そういうことにはなりますが、
積立投資をするなら
そういう気持ちでずっと持っているのがやはり吉だと思います。

わたしは最近LINEの積立投資をはじめてみました。

かつて、そういう考え方が難しかったのと、
現実に現金が必要で損するタイミングで解約してしまったので、
今度は少しずつ続けたいと思っています。

------------------------------------------------

ドル建ての投資信託を長期積立投資していて、順調にその数が積み上がっていっていても、円高が進むと資産は目減りしてしまうのだ。しかし、ここで狼狽して積立をやめてしまうのは悪手である。

下落局面で「たくさん拾う」のが長期積立投資
長期の積立投資において、価格の下落局面では「安く(多く)」買うことができる。毎月3万円ずつ積立投資するならば、その対象が一口1万円ならば3口買えるが、5千円に下落している月には6口購入できることになる。

(幻冬舎ゴールドオンライン - 2019年8月25日)
-------------------------------------------------

2019年8月25日 (日)

ロッテ免税店でのお得な買い物

免税店には入ったことがないです。

それは、渡航者でないとダメ
というものだと思ってたからでしたが、
パスポートなどがあれば
日本人でも国内の免税店を利用できるようですね。

私自身はもうパスポート切れてしまっているので利用はできませんが、
パスポートを保っている家族などがお買い物するならよいと思います。

ロッテ免税店というのがあって、
ここはクレジットカードとの提携をしているので、
提携したカードを使えばかなり便利に利用ができるとか。

Webクーポンなどを事前にチェックしていくのがよいようです。

ロッテ免税店東京銀座店は、
東急プラザ銀座にあるそうですが、
東急カードのポイント加盟店の対象外・・
なので、東急カードではなく
提携しているポイント還元率の高いカードが使いでがいいので、
逆にいえばいつも東急にいく人ではなくても
お得に買物できる可能性が高いということになります。

Webクーポンでの割引が大きいそうなので、
そこはチェックしてから望みたいですね。

------------------------------------------------

さらに、前述の「ロッテ免税店」の提携クレジットカードで2万円以上の買い物をすると、1000円分のギフト券がもらえるので、まずは高い買い物から済ませよう。

 なお「ロッテ免税店 東京銀座店」は、東急プラザ銀座内にあるが、サービスカウンターで確認したところ、「東急カード」のポイント加盟店の対象外とのことだった。そのため「東急カード」にこだわらず、ポイント付与率の高い提携クレジットカードを利用するのがおすすめだ。

(ダイヤモンド・オンライン - 2019年8月7日)
-------------------------------------------------

2019年8月10日 (土)

魅力的なETFでの投資

株を買うのに、1株でいいということは、なかなかないですね。

100株単位とか決まっていて、
一株だけ買ったりするのは難しいようです。

ただ、即時に値段があがったり下がったりするのが、
得なのか損なのかがわかりやすく、
少しでも得をしたいと思うひとはやはり株は学んで試してみたいもの。

そんなとき、
株式投資と同じルールで投資できるのが、
ETFという投資信託。

少額からチャレンジできるのも魅力だといいます。
株式投資では投資する企業選びが大事とはいえ、
資金には限りがあり、また企業の数は多く、
好き嫌いで決められるものでもありません。

だから、そんなときはいっきに多くの企業に投資できる
ETFの魅力に目を向けてみたらよい、ということです。

実際にはじめるにはどうしたらいいのか?

わたしは知識不足でまだよくわからないですが、
そういった情報を得て興味がわいてきました。

株をやりたいけど無理、
というわたしにも、
できるのでしょうか?ETF。

 

------------------------------------------------

株式投資と同じルールで取引できる投資信託、ETFを知っていますか?

ETFを使えば、「企業は選べないけれど、日本株全体に投資したい!」なんてことが可能になります。しかも少額からチャレンジできて、株式初心者に向いているものがたくさん!

(MONEY PLUS - 2019年8月7日)
-------------------------------------------------

«国内REITの人気が上がる